女性

IP電話ならタダで通話が楽しめるようになる

導入するさいのポイント

電話

業者選びステップ

会社では一人ひとりにデスクを設置し電話を用意しますが、この際に使われるのがビジネスフォンです。ビジネスフォンは通常の電話とは異なり、電話機同士の内線はもちろん複数の回線を一台の電話機で利用できるものです。現代のオフィスにおいては欠かせないものですが、ビジネスフォンの導入は、新品であればリースが一般的です。またビジネスフォンといっても機種によって機能は多様性を持っており、導入する際には使用環境を考慮して選ぶ必要があります。ビジネスフォンをリースで借りる前には、まずは、利用台数と同時通話台数を決めます。利用台数はデスクの数と同じで、同時通話数も利用台数に比例します。つまり6つのデスクがあれば6つのビジネスフォンとそのビジネスフォンには最低3つ以上の同時会話機能があることが望ましいといえます。一方でリースで導入する場合には費用も考慮しなければなりません。リースでは保守サービスも付きますが、負担が大きいと収益に与える影響が大きくなります。大規模に導入するのであれば保守サービスの関係でリースが有利ですが台数が少ない場合には中古ビジネスフォンも選択肢です。また将来的に増設する場合には、機能的に余裕のあるビジネスフォンを選ぶのもポイントです。またビジネスフォンをリースで利用する際には業者選びも重要で、保守などのアフターサービスが選ぶ基準になります。特に将来的に増設や電話回線サービスの変更なども考えてそれらに対応しているリース会社を選ぶことが重要になってきます。